初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。


by izanagi_yaiba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「光りの子供達よ」

「光りの子たちよ」



父なる神および父の御子イエス・キリストから、
恵みとあわれみと平安とが、真理と愛のうちにあって、
わたしたちと共にあるように。
    ヨハネの第二の手紙3節


神が光の中にいますように、
わたしたちも光の中を歩くならば、
わたくしたちは互に交わりをもち、
そして、御子イエスの血が、
すべての罪からわたしたちをきよめるのである。

もし、罪がないと言うなら、
それは自分を欺くことであって、
真理はわたしたちのうちにない。

もし、わたくしたちが、自分の罪を告白するならば、
神は真実で正しいかたであるから、
その罪をゆるし、
すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。

もし、罪を犯したことがないと言うなら、
それは神を偽り者とするのであって、
神の言(ことば)はわたしたちのうちにない。
    ヨハネの第一の手紙1:7〜10


わたしの子たちよ。

これらのことを書きおくるのは、
あなたがたが罪を犯さないようになるためである。

もし、罪を犯す者があれば、
父のみもとには、わたしたちのための助け主、
すなわち、義なるイエス・キリストがおられる。

彼は、わたしたちの罪のための、あがないの供え物である。

ただ、わたくしたちの罪のためばかりではなく、
全世界の罪のためである。

もし、わたしたちが彼の戒めを守るならば、
それによって彼を知っていることを悟るのである。
    ヨハネの第一の手紙2:1〜3


愛する者たちよ。

わたしがあなたがたに書きおくるのは、
新しい戒めではなく、
あなたがたが初めから受けていた古い戒めである。

その古い戒めとは、
あなたがたがすでに聞いた御言である。

しかも、新しい戒めを、あなたがたに書きおくるのである。

そして、それは、彼にとってもあなたがたにとっても、真理なのである。

なぜなら、やみは過ぎ去り、まことの光がすでに輝いているからである。

「光の中にいる」と言いながら、
その兄弟を憎む者は、今なお、やみの中にいるのである。

兄弟を愛する者は、光におるのであって、つまずくことはない。

兄弟を憎む者は、やみの中におり、やみの中を歩くのであって、
自分ではどこへ行くのかわからない。

やみが彼の目を見えなくしたからである。
    ヨハネの第一の手紙2:7〜11


子供たちよ。

今は終わりの時である。

あなたがたがかねて反キリストが来ると聞いていたように、
今や多くの反キリストが現れてきた。

それによって今が終わりの時であることを知る。
    ヨハネの第一の手紙2;18
 

愛する者たちよ。

すべての霊を信じることはしないで、
それらの霊が神から出たものであるかどうか、
ためしなさい。

多くのにせ預言者が世に出てきているからである。

あなたがたは、こうして神の霊を知るのである。

すなわち、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白する霊は、
すべて神から出ているものであり、
イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない。

これは、反キリストの霊である。

あなたがたは、それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきている。

子たちよ。あなたがたは神から出た者であって、彼らにうち勝ったのである。

あなたがたのうちにいますのは、世にある者よりも大いなる者なのである。
    ヨハネの第一の手紙4:1〜4


すべて神から生まれた者は罪を犯さないことを、
わたしたちほ知っている。

神から生まれたかたが彼を守っていて下さるので、
悪しき者が手を触れるようなことはない。

また、わたしたちは神から出た者であり、
全世界は悪しき者の配下にあることを、
知っている。

さらに、神の子がきて、
真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さったことも、
知っている。

そして、わたしたちは、真実かたにおり、御子イエス・キリストにおるのである。

このかたは真実な神であり、永遠のいのちである。

子たちよ。気をつけて、偶像をさけなさい。
    ヨハネの第一の手紙5:18〜21
[PR]
# by izanagi_yaiba | 2007-01-19 22:15